おでこの乳児湿疹について┃原因や対処法について

 

赤ちゃんの乳児湿疹に悩まれているママさんは、大勢いらっしゃると思います。

 

中にはおでこや頭部にできるものもあり、

 

  • この湿疹の正体は?原因は?
  •  

  • 対処法は?
  •  

  • 病院へ行った方が良いの?

 

そんな不安や疑問が浮かびますよね。

 

そこでここでは、おでこにできる乳児湿疹について、その原因からスキンケアなどの方法をまとめてみました

 

湿疹が落ち着く時期の目安や、病院へ行くべきなのかの参考材料もご紹介しています。
是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

おでこにできる乳児湿疹の原因は?

 

乳児湿疹は、時期によって以下の2つに分けられます。

 

  • 生後3ヶ月頃まで:過剰に分泌される皮脂が原因の乳児脂漏性湿疹・新生児ニキビ
  •  

  • 生後3ヶ月以降:乾燥が原因の乾燥性湿疹

 

 

このうちおでこにできやすいのは、前者の”脂漏性湿疹・新生児ニキビ”です。

 

その理由として、この時期は”ママのホルモンの影響を受け継いでいる”ため、その作用により皮脂が過剰に分泌されます。

 

そして皮脂の出る皮脂腺(ひしせん)は頭皮やおでこに多いので、同部のトラブルが目立つということなんです。

 

 

ママのお腹にいる時の赤ちゃんは、羊水の中にいるため肌が乾燥することはありません。

 

しかし生まれて外気に触れるようになると、『大人の半分の厚さしかない』といわれる赤ちゃんの肌からは、簡単に水分が抜けてしまいます。

 

それを防ぐように皮脂が分泌されるのですが、それが肌トラブルの原因にもなってしまうということです…。

 

 

脂漏性湿疹と新生児ニキビについて
  • 乳児脂漏性湿疹:過剰に分泌された皮脂がかさぶたのようになって肌を覆い、赤みなどが出る
  •  

  • 新生児ニキビ:プツプツとしたものが出てきて、文字通り『ニキビ』のような湿疹ができる

 

 

 

 

 

おでこにできる乳児湿疹の対処法

 

繰り返しになりますが、おでこにできやすい脂漏性湿疹や新生児ニキビの原因は、”過剰に分泌された皮脂”です。

 

なので、基本的なケアは肌を清潔にする、つまり低刺激なベビーソープなどで洗ったり、柔らかいガーゼなどで小まめに拭いてあげます。

 

 

また、赤ちゃんは皮脂だけでなく汗もよくかくので、汗に含まれるミネラル成分が肌を刺激したり、不潔な環境から雑菌が繁殖することで、乳児湿疹を悪化させてしまう可能性もあります

 

その為、清潔にした後は併せて保湿ケアを行い、肌のバリア機能が低下しないよにすることも大切です。

 

石鹸で洗った後などは、肌の保湿成分も流されてしまいます。
皮脂の落としすぎは乾燥を招くので、それを防ぐ意味でも保湿ケアが大切です。

 

 

 

 

 

この『清潔+保湿ケア』は、赤ちゃんのスキンケアにおいての基本になります。

 

シンプルですがなかなか気を配れない部分もあるので、

 

  • 気になった時に、ガーゼなどでおでこを拭いてあげる
  •  

  • コンパクトで手軽に使える保湿剤などを常備しておく

 

このような工夫をしておくと、大事に至らずに済みます。

 

 

 

 

 

新生児ニキビや脂漏性湿疹で病院へ行くべき?

 

赤ちゃんに顔やおでこに湿疹ができると、一度先生に見てもらった方が良いのか不安になりますよね。

 

一般的に新生児ニキビや脂漏性湿疹の場合、”きちんと清潔にしていれば、皮脂が減るにつれて自然に治まることが多い”と言われています。

 

その為、少し気になるくらいの湿疹であれば、『清潔+保湿ケア』で様子を見るのも良いでしょう。

 

 

しかし、

 

  • 不安だから一度見てもらっておきたい
  •  

  • いつまで治まらない
  •  

  • 見ていて可哀想なほどひどくなってしまった

 

このような場合は、先生に見てもらっておくと安心です。

 

 

湿疹が長引いて肌が弱ってしまうと、些細な刺激に過剰に反応するようになり、アレルギーにつながることもあります。

 

ひどい場合はアトピーへと発展することもあるようなので、重症化しないうちに対策をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

当サイトでは、赤ちゃんの肌の保湿剤についての情報をまとめています。

 

『デリケートな肌を守ってくれる』と話題になっているので、口コミと併せて参考にしてみてください。