赤ちゃんの肌が鮫肌みたいに…ガサガサしているときの対策方法

 

ツルツルした赤ちゃん

 

しかし乾燥する時期になったり、少しスキンケアの気を抜くと、鮫肌のようにガサガサしてしまうことがありますよね。

 

 

また一度鮫肌ができると、なかなか改善しないことも悩ましいところかと思います

 

そこでここでは、赤ちゃんの肌がガサガサしてしまう原因と対処法について、まとめてみました。

 

 

 

 

「肌がガサガサ…」⇒鮫肌の原因は乾燥

 

生後間もない赤ちゃんは”胎脂(たいし)”という膜につつまれているため、乾燥することはありません。

 

そして生後2ヶ月くらいまでは、ママのホルモンの影響により皮脂がたくさん分泌されます。

 

それが保湿膜になって、肌から水分が逃げるのを防いでくれているんですね。

 

 

しかしこのホルモンの影響も2〜3ヶ月でなくなってしまい、この時期から肌は急激に乾燥していきます

 

その結果、「気付いたら肌がガサガサになっていた」といった事態が起こります…。

 

 

 

 

 

鮫肌がさらなる肌トラブルを生む

 

肌には外部刺激を防ぐ”バリア機能”があります。

 

これは肌がしっかり潤うことで初めて機能するため、乾燥しているということはバリア機能が低下しているということ。

 

つまり、乾燥が原因の鮫肌は、”無防備な状態で刺激に敏感になっている”といえます。

 

その為…

 

”ホコリ、ハウスダスト、ペットの毛、汗、離乳食、よだれ、うんちやおしっこ”

 

これらの刺激が原因となり、肌荒れやアレルギーを発症してしまうこともあるということです。

 

ひどい場合は、アトピー性皮膚となってしまうこともあります。

 

鮫肌は、肌が弱っている証拠です。
なるべく早く対処してあげることが、悪化させないためのポイントです。

 

 

 

 

 

ガサガサ肌の対策について

 

鮫肌の主な原因は”肌の乾燥”なので、保湿ケアが大切になります。

 

しかしそれに併せて行いたい事もあるので、簡単にまとめておきます。

 

 

清潔

 

肌に汗や皮脂が残っていると、不衛生な環境から雑菌が繁殖することがあります。

 

そしてそれが原因となり、肌荒れの悪化につながっていきます。

 

保湿ケアはもちろん大切ですが、事前に肌を清潔にしておくことで、より効果的なスキンケアを行うことができます

 

汗やよだれなどが気になった時には、軽く抑えるように拭いてあげましょう。

 

また1日1回は、石鹸や低刺激なベビーローションで体を洗ってあげてください。

 

汚れは泡が吸着してくれます。

 

体を洗う際は、こすらずに泡を転がすように行うことが大切です。

 

 

 

部屋の湿度・温度に気を配る

 

部屋が乾燥しているだけでも、赤ちゃんの肌からは水分が奪われていきます。

 

赤ちゃんが快適に過ごせる湿度は、40〜60%前後。

 

加湿器を使ったり、湿った洗濯物を干すなどでコントロールすることが大切です。

 

補足:汗をかいていないかのチェックも大切

赤ちゃんは新陳代謝が盛んです。

 

加えて大人と同じ数の汗腺(かんせん)を持っていることから、想像以上に汗をかきます。

 

(汗腺とは、汗の出口の事)

 

蒸れてふやけてしまった肌は、トラブルにつながりやすい状態です。

 

汗をかいていないかを、小まめにチェックしてあげましょう。

 

赤ちゃんに適した室温は、18〜28℃と言われています。

 

 

 

着る服にも少し注意してみる

 

赤ちゃんは寝ていることが多いので、いつも体のどこかが圧迫されています。

 

その為、縫い目が粗い服などを着ていると、その部分がただれガサガサになってしまうこともあります。

 

できるだけ優しい素材の服を選んだり、”肌着を必ず着る”などの配慮も大切です。

 

 

 

 

 

少し肌がガサガサしているくらいであれば、このようなホームケアで落ち着く事が多いです。

 

ひどい肌荒れになってしまう前に、少しずつ取り組んでみてください。

 

 

保湿ケアに関する補足

入浴後の保湿ケアは、時間との勝負です。

 

お風呂に入ると、一時的に肌の水分量が増えます。

 

しかし保湿成分がお湯に流れてしまうので、水分を留めておくことができず乾燥が進んでいきます。

 

入浴後は15分で入浴前の水分量に戻る」と言われているので、できるなら5分以内遅くても10分以内には保湿ケアをしてあげましょう。

 

 

 

 

 

当サイトでは、低刺激な肌の保湿・保護剤についての情報をまとめています。

 

デリケートな赤ちゃんのバリア機能をサポートしてくれるので、よければこちらも参考にしてください。