ファムズベビーで手荒れケア⇒ハンドクリームとの違い・併用について

ファムズベビーでの手荒れケア┃ハンドクリームとの違いや併用について

 

『あかぎれなどの手荒れにも効果的』と話題のファムズベビー

 

 

今までハンドクリームを使っていた方からすると、

 

  • どう違うの?
  • どっちが効果的なの?
  • ファムズベビーとハンドクリームの併用もアリ?

 

そんな風にも思いますよね。

 

そこでここでは、手湿疹のケアにおけるファムズベビーとハンドクリームの違いや有効性についてまとめてみました。

 

『何をやっても手荒れを繰り返してしまう・・・』
という方は、是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

ファムズベビーとハンドクリームの違いは?

 

ハンドクリームの役割

 

健常な肌は、汗と皮脂により作られる”皮脂膜”によって潤いが保たれ、バリア機能を維持しています。

 

しかし乾燥が進むことによってバリア機能が低下してしまい、食器洗剤などの刺激によって手荒れを起こしてしまいます。

 

ハンドクリームには油分が含まれているため、それが皮脂膜の代わりとなり、バリア機能をサポートする役割があります。

 

 

ファムズベビーの役割

 

ハンドクリームが肌の表面を覆って保湿するのに対し、ファムズベビーは角質層に浸透し、そこで保護膜を形成します。

 

つまり、”より直接的にバリア機能を高めることができる”ということです。

 

また角質層には水分を閉じ込めることによる保湿作用もあるので、ファムズベビーで角質を強化することで水分の蒸発を抑えることができます。

 

 

 

 

2つの違いをまとめると…

 

  • ハンドクリームは、手を油分で包むことで乾燥を防ぎ、バリア機能を補強する。
  •  

  • ファムズベビーは、角質そのものを強化することで、バリア機能を高める。

 

このようになります。

 

 

どちらも”バリア機能を高めて手荒れを防ぐ”という事を目的としていますが、ハンドクリームにないメリットがファムズベビーにはあります。

 

そしてそれが、『ファムズベビーが手湿疹に良い』と言われる理由でもあるんです。

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

ハンドクリームにはない、ファムズベビーのメリット

 

ハンドクリームでケアをされている方は、このようなデメリットを感じているのではないでしょうか。

 

  • 時間が経ったり、手を洗うとすぐに落ちてしまう
  • (頻繁に塗り直しが必要)

  • 炊事前などには落とさないといけない
  • 皮脂膜が失われてからのケアなので、悪化を食い止めるのが精一杯
  • (なかなか改善しない・・・)

 

このことを踏まえてファムズベビーの特徴を確認してみると…

 

  • 角質に浸透するため、平均8時間は効き目が持続する
  • 水で流れにくいという特徴があるので、炊事などの前にも落とす必要がない
  • 1000万分の6oという超微粒子のバリア層が、水仕事中でもしっかり肌を保護してくれる
  • クリームと違いサラサラなので、スマホなどをすぐに触れる

 

このようなメリットがあります。

 

ハンドクリームではなかなか改善しなかった方が、ファムズベビーに乗り換えている理由もなんとなくわかるのではないでしょうか。

 

 

補足:ファムズベビーはなぜ8時間も効き目が続くの?

ファムズベビーの成分自体が、水分や油分を弾く性質を持っています。

 

その為、洗っても簡単には落ちません。
(炊事中に食材に付着することもありません)

 

ではどうやって落ちるのかと言うと・・・

 

ファムズベビーの成分は角質層に浸透しているため、新陳代謝でその表皮が剥がれていくときに自然と落ちていきます。

 

その時間が、平均8時間という事です。

 

乾燥がひどく、皮がポロポロと取れてしまう方は、少し早く効き目が切れてしまいます。

 

 

ファムズベビーの保護作用に関ては、こちらの動画でも紹介されていました。

 

手荒れの悩みが深刻な美容師の方の声なので、参考になるかと思います。

 

 ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

2つの併用はアリ?

 

ハンドクリームとファムズベビーの併用もオススメです。

 

その際は、【ハンドクリーム⇒ファムズベビー】の順で使用するようにしましょう。

 

 

ファムズベビーは肌に保護膜を張る作用があるので、先にハンドクリームを塗っておくことで、保湿成分などを効率よく閉じ込めることができます。

 

また、皮膚科などで傷を癒す作用を持ったクリームを処方されている場合も、薬理成分を効果的に浸透させることができます。

 

2つを併用する際は、順番に注意するようにしてください。

 

病院の薬と併用する際は、念のため主治医の先生に確認をとっておくと安心です。

 

 

 

 

 

手荒れ対策に、ファムズベビーを使用された方の口コミ

 

最後に、ファムズベビーを手荒れケアに使用した方の口コミをまとめておきます。

 

手荒れ・かゆみが軽減した


赤ちゃん用に使っていましたが、手荒れが気になっていたので自分のために追加購入。
ファムズベビーはムースタイプなので、『泡で手荒れがケアできるの?』と半分疑いながら使用してみました。
その結果・・・
ひどかった手荒れ、また季節の変わり目になると皮膚がかゆくなっていたのですが、それが気にならなくなりました

 

水を弾いているのがわかる


きめ細かい泡で、肌に乗せるとすぐになじんでサラサラに。
スマホもすぐに触れるので助かっています。
わたしは手荒れが気になり使用しているのですが、食器洗いなどをするときに水を弾いているのがわかります
こんなに軽いテクスチャーなのに、保護力と持続力に驚きです
手荒れしやすい方、手をよく使う方にはお勧めのアイテムだと思います。

 

水仕事前にサッと塗れるので便利


知り合いの紹介で購入。
手荒れ対策として、主に使っています。
結論から言うと、毎年冬は手がカサカサなのですが、今年はファムズベビーのおかげでかなり助かりました。
手に塗るとベールが張られているようで、お湯をしっかり弾いてくれます
「食器を洗わないと!」という時も、サッと塗れるのでとても便利です。

 

口コミをチェックしてみると、手荒れ対策にファムズベビーを使用している方は大勢いらっしゃいました。

 

 

 

 

 

まとめ

 

ファムズベビーは、”肌の保護”をコンセプトに掲げています。

 

そして、『今までは、ハンドクリームでは悪化を防ぐのがやっとだった』という方からも、高い評価を得ていました。

 

  • ハンドクリームからファムズベビーに乗り換えて使う
  •  

  • 水仕事の前だけサッと塗る
  •  

  • 保湿効果を高めたり、薬用成分を浸透させるために2つを併用し、徹底的にケアする

 

このようなマルチな使い方ができるという点も、ファムズベビーのメリットといえるのではないでしょうか。

 

 

あかぎれ・手湿疹などの手荒れに悩まれている方は、よければ検討されてみてください。

 

 

 

 

 

【関連記事】