ファムズベビーで唇ケア⇒その有効性と安全性について

ファムズベビーは唇のケアにも良いの?

 

赤ちゃんの保護剤として人気のファムズベビー

 

乾燥しがちなのケアにも使えるのか、気になりますよね。

 

赤ちゃんの肌は大人の半分の厚さしかないと言われていて、尚且つ唇は皮膚は薄い場所。

 

少し気を抜くだけで、裂けて出血してしまうこともあります。

 

 

そこでここでは、ファムズベビーに期待できる唇ケアの効果についてまとめてみました。

 

ファムズベビーの安全性や、口コミなどもご紹介しています。
是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

ファムズベビーを唇に使っても大丈夫?安全性を確認

 

赤ちゃんや小さなお子さんの唇に使う場合、『舐めちゃいそう』という心配もあると思います。

 

しかしその辺りには配慮されていて、メーカーさんの公式ホームページにはこのように書かれています。

 

↓↓↓

 

 

ファムズベビーは角質に浸透してバリアを張る保護剤ですが、その成分は胃薬のコーティング剤としても使われています。

 

舐めてしまっても問題はありません。

 

 

ファムズベビーの安全性についての補足

ファムズベビーは、自治体が発行する母子手帳の副読本で、”赤ちゃんとママにオススメのスキンケア”として紹介されました。

 

 

また産婦人科病院など、医療の現場でも使われています。

 

 

安全性がしっかりと認められているという、証拠ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ファムズベビーで唇ケア⇒どんな効果が期待できるの?

 

ファムズベビーは、バリア機能を持つ角質層を補強するように作用します。

 

唾液に含まれる消化酵素や食物の刺激から唇と守り、ただれるのを防いでくれます。

 

そして角質層にはもう1つ大事な役割があり、それは『保湿機能』です。

 

 

角質が整うことで水分蒸発が抑えられ、乾燥を防ぐことができます。

 

赤ちゃんの唇はただでさえ薄く、まやよだれが蒸発していくときに肌の水分を奪う事で乾燥が進んでいきます。

 

ファムズベビーは、そんな乾燥からも唇を守ってくれます。

 

ファムズベビーは、肌を刺激から守りつつ、潤いを保つ作用がある

 

 

また、ファムズベビーの成分は水や油などを弾く作用があるため、よだれかついたり食事の際に落ちてしまうことはありません。

 

塗り直しの必要がなく、”8時間ほど効果が持続する”と言われているので、手軽に且つ長時間のケアが行えるというのもメリットです。

 

 

 

 

 

ファムズベビーで唇をケアされた方の口コミ

 

ファムズベビーは、主に乳児湿疹などのケアに使われています。

 

その為唇に関する口コミは少なく、アットコスメで1件だけ見つけることができました。

 

唇のただれが良くなった

冬になると、唇がただれるようになりました。
マスクをしたり、食器や食べ物を疑ってみたり、また大学病院で診てもらっても原因はわかりません。
今年は何とか克服したいと、ファムズベビーに頼ることにしました。
その結果・・・1日2回のケアを継続していると、悪化することなく唇が良い状態を維持できています
保湿と保護に優れている点も頼もしく、口に入っても体に害がない成分ということで安心して使えています。

 

この方は『冬場になると』ということだったので、はやり乾燥が関係していそうです。

 

乾燥は肌のバリア機能を低下させるため、色々な刺激に敏感になってしまったのかもしれません。

 

保湿と保護を同時にできる”ということで、ファムズベビーを安心して使えているようです。

 

 

最後に、唇が乾燥したときの基本的なケア方法と、やってはいけない対処法をまとめておきます。

 

 

 

 

 

基本的な対処法とやってはいけない事

 

まずは、唇が乾燥した際の対処法をまとめておきます。

 

 

基本的な対処法

 

ワセリンやファムズベビーなどで唇を守る

 

ワセリンやファムズベビーなどの保護剤で、肌を守ってあげることが大切です。

 

リップクリームでもいいですが、大人用のものはメンソールや香料などが配合されているので刺激が強くなります。

 

リップを使う場合は、赤ちゃん用のものを使用しましょう。

 

 

口元を清潔にしておく

 

よだれや食べこぼしなどで口元が汚れてしまった場合は、ぬるま湯にガーゼを浸し、チョンチョンと拭いてあげましょう。

 

こするように拭いてしまうと角質を傷つけてしまうので、ますます乾燥が進んでしまいます。

 

 

母乳を唇につける

 

保湿専用のケア用品には劣りますが、母乳で潤いを与えてあげるのもオススメです。

 

母乳には、保湿成分が含まれています。

 

 

加湿を心掛ける

 

加湿器がある方は、部屋を加湿しておくと良いでしょう。

 

月並みですが、湿ったタオルをかけておくのもお勧めです。

 

乾きにくいバスタオルがオススメ

 

 

 

 

やってはいけない唇のケア方法

 

次は、やってはいけないことをまとめておきます。

 

 

はちみつを塗る

 

唇のケアにはちみつがいい”と聞いたことがあるかもしれませんが、危険なのでやめておきましょう。

 

はちみつにはボツリヌス菌が含まれている可能性があり、1歳未満の赤ちゃんの場合は脳に影響が出てしまうこともあります。

 

【乳児ボツリヌス症】
便秘・無表情・首の筋肉の低下・哺乳力の低下などの症状がみられる。
適切な治療で改善することが多いが、まれに亡くなってしまう赤ちゃんもいる。

 

 

ママやパパの唾液を付ける

 

赤ちゃんの唇にちょんちょんと唾液を付けるママやパパがいらっしゃいますが、衛生的に良くないのでやめておきましょう。

 

大人の口の中は雑菌だらけなので、荒れてしまった赤ちゃんの唇につけるのは心配です。

 

 

 

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの唇ケアというと、ワセリンやリップが主流です。

 

しかし、それらはすぐに効き目がなくなってしまったり、赤ちゃんからすると違和感があるためペロペロと舐めてしまうことも多いと思います。

 

 

その点、ファムズベビーは揮発性が高い成分を配合しているためサラサラとした仕上がりが特徴で、その効き目も約8時間続くと言われています。

 

低刺激且つ手軽に唇の保護・保湿ができる”ので、乾燥やただれなどで悩まれている方には、オススメのアイテムといえるでしょう。

 

 

興味があるかあは、検討されてみてください。

 

 

 

 

 

【関連記事】