ファムズベビーがしみる!刺激を感じる3つの原因と対処法

ファムズベビーがしみる!?刺激を感じる3つの原因と対処法とは?

 

赤ちゃんのスキンケアとして人気のファムズベビー

 

 

デリケートなお肌に使用するものなので、低刺激な成分配合になっています。

 

しかし、一部では『ファムズベビーを付けるとしみる』という口コミも残されているので、『本当に大丈夫?』とも思ってしまいますよね。

 

そこでここでは、ファムズベビーを使ってしみる原因と対処法についてをまとめてみました。

 

『これを塗ると赤ちゃんが泣いちゃう…』
その原因は、ファムズベビーがしみているからかもしれません。

 

 

 

 

 

ファムズベビーがしみる3つの原因と対処法

 

ファムズベビーが染みてしまう3つの原因をチェックしていきましょう。

 

小さな傷がある場合

 

ファムズベビーは、乳児湿疹など肌荒れがある部分にも使用することができます。

 

※メーカーさんの公式サイトにも、このように書かれています。

 

↓↓↓

 

 

しかし、かさぶたになる前の新しい傷がある場合は、傷口がしみることがあります。

 

  • 湿疹から浸出液が出ている
  • 乾燥肌でひび割れてしまった
  • 掻きむしって出血している

 

このような場合は、傷口が落ち着くまで使用を控えるのが良いでしょう。

 

 

目に入るとしみる

 

ファムズベビーの成分の刺激性をチェックしてみると、

 

”肌への刺激性はないが眼刺激性がある”

 

という位置づけにあるものがほとんどです。

 

なので、目の周りの乾燥や湿疹のケアの為に使用し、誤って目に入ってしまった場合はしみることがあります。

 

すぐにぬるま湯で流し、様子を見るようにしてください。

 

目の周りに使用する際は、ファムズベビーの泡を指でつぶし、液状になってから塗っていくのがオススメです

 

※ファムズベビーは泡タイプの保護剤です。

 

 

乾燥肌・敏感肌の場合

 

乾燥が進むと、角質層が薄くなるため肌が敏感になります。

 

その結果些細な刺激でもストレスを感じ、しみることがあります。

 

アレルギー体質の方は、何気ない刺激に反応して湿疹ができやすい状態です。

 

この場合はファムズベビーにプラスして、赤ちゃん用のローションやクリームを併用してみるのがオススメです。
(保湿ケアをプラスする)

 

ファムズベビーは肌の保護がメインなので、保湿に特化しているわけではありません。
【ローション⇒ファムズベビー】の順で使用することで、ローションの水分をしっかりとお肌に閉じ込めることができ、質の高い保湿ケアができます。

 

※ファムズベビーの保護膜が、水分蒸発を抑えると共に、保湿成分を閉じ込めてくれます。

 

『乾燥が気になる冬場だけ、ファムズベビーがしみます』という口コミも残されています。

 

肌の乾燥状態によって、感じ方が変化するという事ですね。

 

 

 

 

 

しみる間は使わない方がいい?使用開始のタイミングは?

 

しみるということは、肌がストレスを受けているということになります。

 

痛みを我慢しながら使うのであれば、その時期は使用を控えましょう。

 

 

Q.ではいつからファムズベビーを使っていいの?

 

↓↓↓

 

状況にもよりますが、1つの目安をご紹介しておきます。

 

先ほども書かせていただきましたが、湿疹や肌荒れが悪化して出血や浸出液が出ている場合は、ファムズベビーの使用を控えましょう。

 

傷口がしみることに加えて、ファムズベビーの成分も体液と共に流れ落ちてしまうので効果も半減してしまいます。

 

使用開始は、”傷がかさぶたになってから”を1つの目安にするのが良いかと思います。

 

大人の方が靴擦れなどに使用されている口コミを見ると、『かさぶたの状態であればしみなかった』というコメントも残されています。

 

 

 

 

 

ファムズベビーの成分は、”体に吸収されない為安全”と言われていますが、傷や目に使った場合は刺激を感じます。

 

赤ちゃんは、まだ自分の意思を伝えられないので、痛みがあっても泣くことしかできません。

 

湿疹ひどい場所に使用する際は、赤ちゃんの反応に気を配りながらが良いかと思います。

 

 

 

 

より詳しい成分についてや口コミ情報は、下記を参考にしてください。