ファムズベビーは保湿剤ではなく保護剤⇒購入前に要チェック

ファムズベビーは保湿剤ではなく保護剤です・・・

 

赤ちゃんの肌を守ってくれるファムズベビー

 

 

保湿作用があることから”保湿剤”と言われていますが、実際には保護剤です。

 

なので、劇的な保湿効果を期待して使用した場合・・・

 

  • 保湿力が物足りない!
  •  

  • 効果なし!

 

そんな口コミを残すことになってしまうかもしれません。

 

そこでここでは、以下の3つについてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 保護剤として期待できる効果
  • ファムズベビーの保湿効果について
  • 赤ちゃんのアトピー予防には保護が重要

 

ファムズベビーの保湿作用には、ちょっとしたカラクリがありました。

 

 

 

 

 

ファムズベビーの保護剤として期待できる効果

 

肌の角質層には”バリア機能”が備わっていて、外部からの刺激を防いでくれます。

 

この部分は潤ってこそバリア機能が発揮できるので、保湿ケアが重要とされているんです。

 

それに対してファムズベビーは、角質に保護膜を形成することで、直接的にバリア機能をサポートします。

 

 

つまり・・・

保湿ケア⇒角質が潤う⇒バリア機能向上⇒刺激から保護

 

という遠回りのケアではなく、

 

バリア機能をサポートする⇒刺激から保護

 

このように近道で肌トラブルをケアできる。

 

ということです。

 

肌の状態を整えるためには保湿ケアも大切ですが、より直接的に肌トラブルを予防するという観点から言えば、”保護”が大切になります。

 

ファムズベビーのバリア層は、1000万分の6oと超微粒子。
ホコリ・花粉・雑菌などはもちろん、洗剤の化学的な刺激からも肌を守ってくれます。

 

 

 

 

 

 

ファムズベビーの保湿力の本当のところ・・・

 

実は、ファムズベビーにはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分は配合されていません。

 

しかし、口コミを見ると『潤いが続く』といったコメントも多く残されています。

 

 

Q.その理由は?

 

ファムズベビーが強化する角質層は、バリア機能の他に”水分の蒸発を抑える保湿作用”もあります。

 

その為、『ファムズベビーを付けると肌が潤う』と感じる方が、大勢いらっしゃるということなんですね。

 

ファムズベビーには、肌に水分を与える作用はありません。
なので、もともと乾燥肌の場合は、そこまで保湿効果を実感できない可能性が高いです。

 

今ある水分を逃がさないようにする”そんな作用が、ファムズベビーには期待できます。

 

保湿力をより高めたい場合は、【ベビーローション⇒ファムズベビー】の順番で使用することで、効率よく水分を閉じ込めることができるのでおススメです。
(大人の場合は、化粧水⇒ファムズベビーの順がオススメ)

 

 

 

 

 

具体的にどんな肌トラブルに効果的なの?

 

ファムズベビーの保護作用には、以下のような肌とラブルを予防してくれる効果が期待できます。

乳児湿疹(皮脂や汗、雑菌など)、あせも、おむつかぶれ(雑菌・消化酵素など)、よだれかぶれ(食べこぼし)、摩擦、手荒れ(洗剤など)、金属アレルギー

 

赤ちゃんから大人まで、原因が外部刺激にある肌トラブルを幅広くケアしてくれます。

 

ストレスや内臓など、体の中に原因がある肌荒れには、効果は期待できません。

 

 

 

 

 

有名な保護剤:ワセリンと比較してファムズベビーはどう?

 

ファムズベビーと同様の保護剤として、ワセリンが有名です。

 

しかし・・・

  • ベタベタして服についてしまう
  • すぐに効き目がなくなってしまう
  • 肌の表面を覆うだけなので、保護効果が薄い

 

このようなデメリットに関する声もよく聞かれます。

 

 

それに対してファムズベビーは・・・

  • 塗った後もサラサラ
  • 水や洗剤を弾くという成分の特徴から、約8時間効き目が持続する
  • 角質に入り込むため、ワセリンよりも保護効果が高い

 

というように、ワセリンのデメリットを補っているという特徴があります。

 

ファムズベビーは、保護剤としても優秀と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

赤ちゃんのアトピー予防には保湿よりも保護!

 

赤ちゃんのアトピーは顔から始まることが多いです

 

Q.なぜ?

 

赤ちゃんの中には、潜在的に食物アレルギーを持つ子もいます。

 

食事の際に口元や頬にそのアレルギーのある食物が付着すると、皮膚を介して体に侵入し反応を起こします

 

それがきっかけとなり、アトピーとなることが多いんです。

 

そのため、その食物の成分が侵入しないようにしれあげれば、アトピーを予防することにもつながります。

 

ファムズベビーは全身に使える保護剤で、赤ちゃんが舐めても問題ない成分が配合されています。

 

 

よだれかぶれのケアと一緒に、アトピー予防ができる”というのも、1つのメリットです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

赤ちゃんのお肌は、『大人の半分の厚さしかない』と言われています。

 

その為些細な刺激にも反応してしまい、湿疹などの肌荒れを起こしてしまいます。

 

 

肌の環境を整えるという意味では、保湿ケアも重要です。

 

しかし、肌トラブルを予防することにおいては、”保護”という部分が大切といえます。

 

 

  • 繰り返す乳児湿疹に悩んでいる
  •  

  • 保湿ケアだけでは、いまいち効果を実感できない…

 

そんな方は、ファムズベビーでのスキンケアを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

【関連記事】