ファムズベビーで肌が赤くなる‥なぜ?⇒赤みの原因と対処法

ファムズベビーで肌が赤くなるけど大丈夫?赤みの原因は?

 

赤ちゃんのお肌を優しく保護してくれるファムズベビー

 

 

低刺激で安全にケアできるはずなのですが、口コミの中には『使ったら赤みが出た…』というコメントも残されています。

 

そんな口コミをみると、少し不安になてしまいますよね。

 

そこでここでは、以下の4点についてまとめてみました。

 

  • 『ファムズベビーで肌が赤くなった』という口コミを紹介
  • 肌が赤くなる原因
  • 肌が赤くなった時の対処法
  • ファムズベビーの安全性について:本当のところ

 

安心してファムズベビーを使いたい』という方は、よければ参考にしてください。

 

 

 

 

『ファムズベビーで肌に赤みが出た』という口コミ

 

湿疹がある部分がより赤くなってしまった。

産まれて半年になる息子のよだれかぶれに、こちらを使ってみました。
湿疹があるところに塗ってみると、より赤みが増して炎症がひどくなってしまったようです
うちの子の肌には合わなかった・・・

 

娘と私の肌には合わなかった。

もうすぐ2歳になる娘にファムズベビーを使ったところ、お肌にぶつぶつができてしまいました
ちなみに私の肌にも合わず、肌が赤くなり少しかゆみが出ました
主人は何事もなく使えているので、やっぱり肌に合う合わないがあるようです。

 

今回、アットコスメや楽天の口コミを200件程チェックしてみましたが、その中の数件でこのようなコメントが残されていました。

 

その原因を、少し考えてみましょう。

 

 

 

 

赤みが出た原因は?

 

肌に合わなかった

 

赤くなる原因としてまず考えられるのは、口コミにもあるように『肌に合わなかった』という事です。

 

いくら”無添加・オーガニック”といっても、全員の肌に合う化粧品はありません。

 

ましてや赤ちゃんは何にアレルギー反応を示すかわからないので、少し慎重に使い始めるのが賢明かと思います。

 

補足:パッチテストをしておくと安心

いきなり顔などに使用する前に、パッチテストで肌との相性を確かめておくと安心です。

 

【テスト手順】
@腕や太ももなど、目立たない場所にファムズベビーを塗布する。
A24〜48時間肌の様子を見て、異変がなければ問題ないと判断できる。

 

 

保湿・保温作用が関係しているかも

 

ファムズベビーには、低刺激な保湿成分が配合されています。

 

その為、保湿されて血管が拡張することで、少し赤みが出る場合もあります

 

またファムズベビーは角質層に浸透して保護膜を張るので、見えない手袋を付けているように、少し暖かく感じることもあります。

 

軽く赤くなっただけで、かゆみなどもなく治まっていく場合や、心地よい温かみを感じるくらいであれば、問題なく使うことができるでしょう。

 

 

 

 

 

赤みが出てしまった時の対処法

 

成分にアレルギー反応を示している場合は、すぐに反応が出ることが多いです。

 

その場合は、異変に気付いた段階で、使用を中止するようにしてください。

 

 

すぐに洗い落としたくなりますが、ファムズベビーの成分は水や洗剤を弾く作用があり、簡単に落とすことができません

 

むやみにこすると悪化してしまう可能性もあるので、肌の様子を半日ほど観察するようにしましょう

 

悪化していくようであれば、皮膚科への受診なども検討されてみてください。

 

赤みがある場合は、少し冷やしてあげると炎症が落ち着きやすいです。

 

 

補足:肌に合うか不安な方へ

ファムズベビーには、送料無料の定期コースが用意されていて、そのプラン限定で”28日間の返金保証”の特典が付いています。

 

肌に合えばお得に継続できますし、合わなければ返金保証を利用して解約ができるので、不安な方にはオススメのプランです。

 

『定期には抵抗が…』という方に向け、こちらで詳細をまとめています。

 

よければ参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

ファムズベビーの安全性をチェック

 

ファムズベビーは、基本的には安全に使うことができます。

 

安心できるポイントを、少しご紹介しておきます。

 

2013年から、変わらず人気がある

 

ファムズベビーは2013年の発売から、変わらず人気があります。

 

2016年にはリニューアルも行われ、刺激の強い防腐剤であるパラベンが成分から排除されました。

 

以前よりも低刺激になっています。

 

 

 

刺激性を確かめるテストを実施済み

 

ファムズベビーは、パッチテストとスディンギングテストという2つの検査を実施しています。

 

パッチテストは肌への刺激性を確かめるテストで、新生児医療でも使われている白ワセリンと同等の刺激という結果が出ている。

 

スディンギングテストは敏感肌の方に使用し、ヒリヒリ感などを確かめるテストで、基準値の半分以下という結果が出ている。

 

このように安全性が確かめられているという点は、安心できるかと思います。

 

 

 

医療機関でも取り扱われている・母子手帳の副読本に掲載

 

ファムズベビーは、東京の聖路加(せいるか)病院の調剤薬局を始め、産婦人科病院でも取り入れられています。

 

また母子手帳の副読本にも掲載されたことがあり、『赤ちゃんにオススメのスキンケア』として紹介されました。

 

医療機関で使われているということで、安全面に関してはお墨付きといえそうです。

 

 

 

 

 

ファムズベビーは”オンリーワン”のバリアスキンケア

 

ファムズベビーは、肌のバリア機能の要である角質層に浸透し、そこで保護膜を張ります。

 

そしてその保護膜がバリアとなり、あらゆる刺激をカットして肌トラブルを予防してくれます。

 

これまでの肌トラブル対策と言えば、何か異変が起きてからのアフターケアが主でしたが、ファムズベビーは予防、つまり”ビフォアケア”が特徴という事です。

 

  • 繰り返す肌トラブルに悩んでいる
  •  

  • 保湿ケアだけでは、いまいち効果が実感できない・物足りない

 

そんな方は、ファムズベビーでのスキンケアを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

【関連記事】