ファムズベビー:赤ちゃんの顔に使うのはOK?本当のところ

ファムズベビーは赤ちゃんの顔にも使っていいの?本当に大丈夫?

 

赤ちゃんから大人まで、『肌を優しく保護してくれる』と人気のファムズベビー

 

 

皮膚が薄く敏感なにも、安心して使えるのでしょうか。

 

中には体用と顔用で分けられているケア用品もあるので、少し不安になりますよね。

 

そこでここでは、以下の2点についてまとめてみました。

 

  • ファムズベビーを顔に使ったという口コミ
  • 安心して使うために⇒安全性を確認(他の商品と比較してどうか)

 

敏感なお肌に使用するのが不安な方は、是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

ファムズベビーを顔に使ったという口コミ

 

まずは、ファムズベビーを赤ちゃんの顔に使った方の口コミを見てみましょう。

 

今回は、アットコスメの口コミから抜粋しています。

 

赤ちゃんの顔のあせもに使用

生後間もない頃、赤ちゃんの顔を触るとブツブツとザラザラが気になりました。
汗をすごくかいていたのであせもかと思い、評判が良かったファムズベビーを購入。
使ってみると、3日ほどで赤みが引いてくれました
その後も毎日お風呂上りに使っていますが、きれいなお肌が維持できています。

 

赤ちゃんの顔から頭の湿疹に使用

生後1ヶ月の子供の顔から頭にかけて、湿疹ができてしました。
どうしても薬には頼りたくなく、何かないかと探しているときにファムズベビーを発見。
使ってみると・・・2日目にして湿疹が気にならなくなり、1週間がたつ頃にはお肌が以前より白くなっていました
わたしは、授乳中に空いている手でファムズベビーを塗っていたのですが、とても手軽に使えて良かったです。

 

赤ちゃんのよだれかぶれに使用

5ヶ月になる子供のよだれかぶれがひどく、ワセリンなどを塗っていましたが一向に改善せず・・・。
ママ友に相談してみると、『これいいよ』とファムズベビーのことを教えてくれました。
早速使ってみると、4日ほどで赤みが治まってくれました

 

化粧下地として使用(大人の方の口コミ)

ここ数年、肌が衰えたせいか吹き出物がよく出るようになりました。
そんな時、ネットで肌を保護できるというこちらを見つけたので使ってみることに。
吹き出物の原因が化粧にあるかと思い、化粧下地として顔に使ってみたところ、吹き出物が悪化しなくなり少しずつ治まってきました
化粧をするときのノリも良いですし、落とすときも楽に落ちてくれます。

 

ファムズベビーは、”バリアを張って、肌の保護をする”という事をコンセプトにしています。

 

口コミを見てみると、赤ちゃんから大人の方まで『顔に使用した』という方は大勢いらっしゃいました。

 

 

 

 

 

ファムズベビーの安全性を確認

 

より安心してファムズベビーを使えるよう、安全性についてまとめておきます。

 

↓↓↓

 

繰り返しになりますが、ファムズベビーは肌を保護することが主な作用になります。

 

なので、保湿成分や美容成分はほとんど配合されていません。

 

Q.ではなぜ保湿作用が実感できるの?

角質層には、肌表面を覆うことで水分蒸発を抑えるという役目があります。

 

ファムズベビーの泡の粒子は、その角質層に浸透して補強する作用があるため、水分を逃がさない保湿効果が期待できるということになります。

 

そして、それゆえに成分もかなりシンプル。

 

つまり、配合されている成分が少ない分、ファムズベビーによりアレルギーが起きる可能性が低く、安全に使えるということです。

 

他の人気のベビーケア用品との成分量の違いを、比較してみましょう。

 

↓↓↓

 

 

 

他商品と成分を比較してみる(安全性を再確認)

 

赤ちゃん向けのケア用品として人気なのは、アロベビーやママアンドキッズなどです。

 

  • アロベビーミルクローション

 

  • ママアンドキッズ

 

 

それぞれに含まれている成分の種類は・・・

  • ファムズベビー:14種類
  •  

  • アロベビー:33種類
  •  

  • ママアンドキッズ:46種類

ここまで差があります。

 

アロベビーやママアンドキッズが、植物由来の美容成分を豊富に配合しているのに比べ、ファムズベビーには肌にバリアを張る成分とわずかな保湿成分が配合されているだけです。

 

ファムズベビーの主成分はジメチコンやPVPというもので、これらはシリコン、合成ポリマーになります。
危険そうに見えますが、角質より奥に浸透することはなく、体にも吸収されない安全な成分です。
※胃薬のコーティングにも用いられている。

 

赤ちゃんの肌は、まだ何にアレルギーを持っているのかわかりません。

 

成分がシンプル”というのは、そんな敏感な肌にとっては1つのメリットになります。

 

その証拠に、通販サイトやアットコスメに残されている口コミを見てみても、『肌に合わない』というコメントは、ファムズベビーが一番少ないです。

 

ファムズベビーと、アロベビー・ママアンドキッズの比較は、こちらで詳細に行っています。

 

 

※それぞれの全成分を、参考までに載せておきます。

 

【ファムズベビーの全成分】

水・LPG・ステアリン酸・ジメチコン・グリセリン・PVP・TEA・セタノール・トリ(カプリル酸/カプリン酸)・グリセリル・ラウレス―2・ラウレス―21・酢酸トコフェロール・フェノキシエタノール

 

【アロベビーの全成分】

水、グリセリン、オレンジ果実水*、トリ(カプリル/カプリン酸) グリセリル、オリーブ果実油*、シア脂*、ヒドロキシステアリルアルコール、 ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油*、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、 オウゴンエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、 ローズマリー葉エキス、ラベンダー油*、ローズマリー油*、ラベンダー花水*、 カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、 キサンタンガム、トコフェロール、ヒマワリ種子油、ベヘニルアルコール、 セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、ステアロイル乳酸Na、BG、 ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸

 

【ママアンドキッズの全成分】

水、BG、グリセリン、スクワラン、キシリトール、メドウフォーム油、水添レシチン、ベヘニルアルコール、グレコシルトレハロース、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ヒマワリ種子油不けん化物、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、フィトステロールズ、加水分解水添デンプン、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6U、環状オリゴ糖、黒砂糖エキス、精蜜エキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解酵母、ビフィズス菌発酵エキス、ツボクサ葉エキス、ソルビトール発酵多糖、グリシン、セリン、プロリン、アルギニン、アラニン、ヒドロキシプロリン、アラントイン、ポリクオタニウム-51、リゾレシチン、グリコーゲン、トコフェロール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、バチルアルコール、メタリン酸Na、カプリル酸グリセリル、クオタニウム-73、カルボマー、ジメチコン、フェノキシエタノール

 

 

 

 

まとめ

 

ファムズベビーは、赤ちゃんから大人まで、安心して顔に使用することができます。

 

また公式サイトを覗いてみると、このように書かれていました。

 

↓↓↓

 

 

全身に使えます。

 

敏感肌の方は、角質層が薄く乾燥しがちで、外部刺激による影響を受けやすい状態といえます。

 

そしてファムズベビーは、新しいスキンケアの形ということで”肌のバリア機能を直接サポートする”ように作用します。

 

顔は元々肌が薄く敏感な場所。

 

そんな場所だからこそ、ファムズベビーによるバリアケアがより有効といえるのではないでしょうか。

 

 

【関連記事】