【ファムズベビー】花粉による肌荒れに効果的⇒根拠はコレ!

ファムズベビー:花粉による肌荒れへの効果について

 

肌の保護剤として人気のファムズベビー

 

花粉により肌にかゆみなどが生じてしまう、花粉性皮膚炎にも効果が期待できるのでしょうか。

 

検討されている方も多いかと思いますので、ここでは以下の3点を中心にまとめてみました。

 

  • 期待できる効果
  • ファムズベビーを花粉対策に使われた方の口コミ
  • 使い方

 

『ファムズベビーが花粉の影響をカットできる』という調査結果も、しっかり出ているようです。

 

 

 

 

 

『ファムズベビーが花粉症皮膚炎に効果的』という調査結果

 

メーカーさん調べによると・・・

 

花粉による肌の異常を訴える方50名に対し、ファムズベビーを使用した結果に対するアンケート調査が行われました。

 

【実施期間】
2014年2月〜4月

 

 

【調査内容】
花粉症による目や鼻の周り・耳・首筋などの不快感を指標に、ファムズベビー使用前・使用後にそれぞれアンケートを実施。

 

 

【対象者】

 

 

【結果】

 

参考:PRTIMES

 

 

結果は、全員が【とても良い・良い】のどちらかを答えていて、それ以下の評価は1つもなかったとのことでした。

 

ただ成分や作用を並べて『効果があります』というだけでなく、しっかりした調査が行われていることは信頼できるポイントかと思います。

 

 

次は、ファムズベビーが花粉をどう防いでくれるのかをチェックして行きましょう。

 

 

 

 

 

花粉症皮膚炎に期待できる効果

 

ファムズベビーは、外部刺激から肌を守ってくれる保護剤です。

 

きめ細かな泡が角質層に浸透して保護膜を張ることで、肌のバリア機能そのものを強化する作用があります

 

花粉も外部刺激の1つになるので、それらが直接肌と触れるのを防いでくれる効果が期待できます。

 

 

ファムズベビーは、1000万分の6oという超微粒子のバリア層を形成。
この大きさは花粉の数千〜数万分の1と言われているため、花粉の侵入を防いでくれます。

 

 

また、ファムズベビーが補強する角質層には”水分蒸発を抑えて保湿する”という作用もあるので、乾燥が原因の肌のバリア機能の低下も予防してくれます。

 

特に春先は皮脂のコントロールがうまくできない時期で、さらに寒暖差、紫外線、黄砂、pm2.5などの影響も大きいです。
乾燥しがちな肌に刺激が加わりやすい季節なので、この時期に合わせてファムズベビーを使ってあげるのがオススメといえます。

 

 

 

 

 

ファムズベビーを花粉症皮膚炎に使用した方の口コミ

 

ファムズベビーを”花粉症による肌荒れに使用した”という口コミが1件だけ残されていました。

 

毎年3月下旬から5月の上旬にかけて、原因不明の肌荒れに悩まされていました。
皮膚科に行っても病名などは伝えられず、ステロイドを処方されるだけ。
そんな時、『花粉でも肌荒れが起きる』という事を知り、対策に勧められていたファムズベビーをお試ししてみました。
予防もかねて2月〜5月まで使用していましたが、例年より肌が赤くなる頻度が明らかに減少
肌荒れの原因は、花粉にあったようです。

 

ステロイドは、『肌の炎症を抑える』という一時的な対処にすぎないことが多いです。

 

ファムズベビーで肌を守るということの方が、より根本的なケアといえそうですね。

 

 

 

 

 

ファムズベビーの使い方

 

ファムズベビーの使い方を確認していきましょう。

 

付ける部分を清潔にする

 

かゆみや肌荒れがある部分を、清潔にしておきます。

 

 

目安量を手に出す

 

1回使用量はピンピン玉大が目安です。

 

ファムズベビーはムースタイプの保護剤になっています。

 

よく拭てから、容器を垂直に立てて出すようにすると、上手に泡が出てきます。

 

目の周りなど、かゆみが出る部分が限定的の場合は、量を減らしても問題ありません。
肌に薄く塗り広げられればいいので、使ってみた感じで調節してみてください。

 

 

気になる部分に塗る

 

肌に塗っていくと、『泡⇒液状⇒サラサラ』と変化していきます。

 

サラサラになるまで、ゆっくり塗り広げていきましょう。

 

 

 

 

基本的には、”清潔にして塗るだけ”です。

 

手軽なケアで約8時間効き目が続くので、外出する際などにもオススメです。

 

ファムズベビーの成分は水や油を弾くため、洗ったり拭いても落ちません。
また角質に浸透しているため、その効果は平均8時間ほど続きます。

 

 

肌の代謝により、角質の表面が剥がれていくペースが8時間と言われています。
ファムズベビーも、その時に一緒に落ちていきます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

花粉症皮膚炎の予防手段としては、

 

  • 露出の少ない服を着る
  • 家に入る前は、服から花粉を払う
  • 保湿ケアで肌の状態を整える

 

このようなことが挙げられます。

 

どれも徹底できれば問題ありませんが、花粉自体が目に見えない分、本当に防げているのかわかりにくいというのが正直なところかと思います。

 

その点、”ファムズベビーを付けておけば確実に花粉の影響を防ぐことができる”というメリットがあります。

 

花粉により肌荒れに悩まれている方は、ファムズベビーを対策の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

よろしければ、こちらの記事も参考にしてください。