赤ちゃんのお尻がただれた!?オムツかぶれを早く治すには…

赤ちゃんのお尻がただれた時の対処法┃おむつかぶれの対処法

 

赤ちゃんの肌トラブルの中でもよく見られる”オムツかぶれ”。

 

『あんなにツルツルだったのに、気付いたらお尻が真っ赤にただれていた』

 

というように、少し気を抜いただけで悪化してしまう経験をされたママさんも、多いかと思います。

 

 

そんな悩みを解決する一助になればと、ここでは・・・

  • オムツかぶれの原因を確認
  • 原因から基本的な対策方法を確認
  • オムツかぶれを少しでも早く治すには?オススメのケア用品紹介

 

この3点についてまとめてみました。

 

『ケアしているつもりでも、どうしても繰り返してしまう・・・』
という方は、是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

オムツかぶれ:4つの原因は?

 

オムツかぶれの原因を、1つずつ確認していきましょう。

 

 

おしっこやウンチによる影響

 

おしっこやウンチには、消化酵素・細菌・老廃物が大量に混じっています。

 

それが敏感な赤ちゃんの肌を刺激して、お尻をただれさせてしまいます。

 

 

オムツ内の蒸れ

 

汗や排泄物でオムツ内はムレムレ・・・。

 

細菌が繁殖しやすく、ただれを起こしやすい環境といえます。

 

また、汗自体にもミネラル分やアンモニアが含まれているので、それもお尻を刺激します。

 

 

オムツと肌の摩擦

 

赤ちゃんは、1日のほとんどを寝て過ごすと思います。

 

その為、おしりとオムツがこすれ合う摩擦刺激も、オムツかぶれを悪化させてしまいます。

 

 

お尻の拭きすぎ

 

お尻をゴシゴシと拭くと、肌を守っている角質を傷つけてしまいます。

 

もともとかぶれている場所をこすれば、そのダメージも大きくなってしまいます。

 

 

 

 

赤ちゃんの肌は、大人の半分の厚さしかありません。

 

どれだけ気を配っても、些細な刺激で肌トラブルが起きてしまうんですね。

 

 

 

 

 

オムツかぶれの対策方法を確認

 

原因を踏まえて、おむつかぶれの対処法を確認していきましょう。

 

 

なるべく頻繁にオムツを替える

 

当然ですが、排泄物がある状態が長く続けば、おむつ内の環境も悪くなっていきます。

 

なるべく頻繁にオムツを替えてあげましょう。

 

オムツ替えのタイミングで、少しお尻を乾かしてあげるのも大切です。

 

 

霧吹きなどが役に立つ

 

うんちやおしっこを残さないために、ぬるま湯の入った霧吹きなどで洗いながら拭いてあげるのが良いとされています。

 

またベビーパウダーなどを合わせて付けておくと、余分な湿気を吸収してくれるので、蒸れ防止につながります。

 

 

拭き終わったら保湿を忘れずに

 

”拭く”という行為も肌には刺激になるので、角質が薄くなりただれてしまうことがあります。

 

オムツを替えた後はベビーローションやクリームを塗るなど、お肌のケアも忘れずにするようにしてください。

 

 

 

 

この辺りがしっかりできれば、おむつかぶれができる頻度をグッと抑えられるはずです。

 

しかし、

  • そんなに頻繁にオムツを替えられない時もある
  • 毎回洗っている時間がない
  • ベビーローションも毎回塗るのは難しい

 

というのが正直なところかと思います。

 

そんな方に向け、産婦人科病院でも取り扱われている保護剤をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

オムツかぶれケアにオススメのアイテム

 

ファムズベビーはワセリンと同様、肌の保護剤です。

 

赤ちゃんの肌トラブルは、”雑菌・排泄物・汗・ホコリ・食べこぼし”等の刺激が原因であることが多く、それらから肌を守ってくれる効果が期待できます。

 

ファムズベビーはムースタイプになっていて、細かな泡が角質に浸透してバリアを張ることで、外部からの刺激を保護します。

 

 

成分には水や油分を弾く作用があるため、洗っても拭いても簡単に落ちることはなく、『効き目は8時間続く』と言われています。

 

オムツ替えの際にサッと一塗りすれば半日ほど持つので、お手軽にケアができるのも1つの特徴です。

 

 

ワセリンとの違いは?

なじめばサラサラの仕上がりになるので、ワセリンのようなベタつきはありません。

 

服や布団についてしまうこともありません。

 

また、ワセリンは肌表面を覆うだけですが、ファムズベビーは角質に浸透して肌を保護するので、保護力も高くなっています。

 

湿疹やオムツかぶれのケアにワセリンを使用されていた方であれば、ファムズベビーの使用感に満足できると思います。

 

 

 

 

ファムズベビーの安全性は?

 

ファムズベビーは安全性に関するテストを実施していて、

 

新生児医療でも使われている、白ワセリンと同等の刺激性

 

という結果が出ています。

 

 

他にも産婦人科病院で実際に取り扱われていたり、母子手帳の副読本にも掲載されたこともあり、安全なケア用品です。

 

 

 

 

 

まとめ

 

オムツかぶれ対策の基本は、この3つです。

  • 清潔にする
  • 蒸れさせない
  • 湿気を吸収するために、ベビーパウダーなどを塗る

 

しかし、すべてを完璧にこなすことは難しいと思います。

 

 

 

『手軽なケアで、しっかりおむつかぶれを予防したい』

 

そんな方は、専用ののケアアイテムに頼ってみるのも1つではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ファムズベビーの口コミ情報などは、こちらでまとめています。

 

よければ参考にしてください。